予防接種(ワクチン)

予防接種は、猫風邪、伝染性腹膜炎、猫パルボウイルスなど、ねこちゃんたちの間で爆発的に流行する可能性があり、かつ深刻な症状がでて治りにくい感染症を予防するものです。
猫風邪、伝染性腹膜炎、猫パルボウイルスは伝播力がとても強いので、網戸越しに対面しても感染することがあります。また飼い主様が外で触れ合ったねこちゃんから持ち帰ってしまうこともあります。
さらに、外へ出かけるねこちゃんの場合は、白血病や猫エイズの予防注射も必要です。白血病は唾液から伝染するため、感染したねこちゃんと直接触れ合っている様子がなくても感染する場合があります。
予防注射の薬剤は安全性が確認されたものですし、有効期間は1年です。年に一度、定期的に接種することをおすすめします。もちろん接種に際しては、ねこちゃんが健康であることをしっかりと確認してから行います。
もし体力的に不安な場合やご不明な点がある方は、遠慮なくご相談ください。

ワクチンの種類

ねこちゃんの予防接種は3種混合ワクチンと5種混合ワクチンが一般的です。そのほかに、猫エイズのワクチンなどもあります。
たとえ完全室内飼いだとしても、万一の脱走や飼い主様が病原体を持ち帰る可能性もあります。健康診断と一緒に、年1回の予防接種を行いましょう。

病名3種混合4種混合5種混合FIV単独
猫ウイルス性鼻気管炎 -
猫カリシウイルス感染症(猫風邪) -
猫汎白血球減少症 -
猫白血病ウイルス感染症 - -
クラミジア感染症 - - -
猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ) - - -

ノミ・マダミの駆除と予防

ノミやマダニはねこちゃんがつらいだけでなく、人間にも被害を及ぼします。現在は背中に薬剤を1滴垂らすだけという手軽な予防薬もあります。
これは、ねこちゃんが舐めても無害の安全性が高いものです。暑い時期には特にノミやマダニの活動が盛んになるので注意が必要です。

ノミ・マダミの駆除と予防